マンション管理、ビル管理のことなら株式会社リプレイス

メディア

マンション管理、ビル管理の株式会社リプレイスTOP > メディア > エレベーターのリニューアルについて

エレベーターのリニューアルについて

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エレベーターのリニューアルについて

皆さんが普段乗っているエレベーターにも、耐用年数があるのをご存知でしょうか?

 

税法上の法定償却年数は17年、主要な装置の平均耐用年数は20年と言われています。

また、公益社団法人ロングライフビル推進協会によるライフサイクルコスト(LCC)評価指数の計画耐用年数は、25年とされています。

建築技術等の向上により建物の寿命が延びてきていることを考えると、エレベーターのリニューアル工事の実施は必要不可欠なものとなっています。

近年では、制御盤や巻上機などの小型化、高性能化が進み、マシンルームレス式(ロープ式)エレベーターへのリニューアルを採用するマンションが圧倒的に多くなってきました。

また、制御盤などの主要装置や駆動機器が経年により劣化すると突発的な故障が発生し、思わぬ事故を招くケースがあります。

工事費用は高額となりますが、安全性、静穏性等の向上などは勿論のこと、省エネによる電気料金の削減、メンテナンス方法の変更による費用の削減なども図れる場合があります。エレベーター機械室内が利用可能となった場合は、防災用倉庫等への用途変更などを行うことも可能となります。(合わせて管理規約を改定する必要があります)

 

今一度長期修繕計画を見直して、エレベーターリニューアル工事の実施を検討することをお勧めします。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

CONTACT

まずはお気軽にご連絡ください